So-net無料ブログ作成
検索選択

香りの旅 [アロマ]

趣味だったり仕事だったり、言い方は変わるけれど
私の毎日に欠かせないものは、やっぱり精油

時々遊びに来る妹は
「なんか香らせてる?やっぱり何かアロマのにおいするよね」と言う
こう書くとおしゃれなイメージがほわわあ~とわいてくるかもしれないが
決してそんなことはなく、ましていつも香らせているわけでもない[あせあせ(飛び散る汗)]
でも、例えばお風呂に、ボディーオイルに、そうじに・・・と使っていれば
何となく香りは残るのだと思う
昨日はベチバーとラベンダーの精油をお風呂に入れたのだけど
朝起きてもベチバーの香りが残っていた
この香りは根っこから採れる
まさに土っぽくて大地のような香り(以前にもブログで書いたっけ)
昨日は、ちょっとイライラとしたり言い過ぎたかな、なんてことがあって
妙に気持ちがざわざわしていて、いろいろ考えてしまった
気持ちを落ち着けて、いっぱいになった頭をからっぽにして
どっしり地面に足をつけたくて選んだふたつ。

今日、仕事の帰りふらっと立ち寄った本屋さんで見つけた本。
まだちょっとしか読んでいないけど、おもしろい[ぴかぴか(新しい)]
自分だけの香水を作るために旅に出る話。
原料の産地を訪ねたり、香水づくりに携わっている人たちに会いに行く旅
こんな旅ができたら幸せだなあ~[揺れるハート]

香りを嗅ぐと遠い記憶を思い出す
著者がベチバーで思い出したのは「昔よく泳いだトスカーナの緑色の湖」
もちろん、私がベチバーからこの記憶がよみがえってくることはないのだけど
ベチバーを嗅ぎながら見たこともない「トスカーナの緑色の湖」を想像する
これも香りの旅、のひとつかもしれないな~

本.JPG

心地いいこと [アロマ]

最近ちょっとあせっている気がする
日々はのんびりしているんだけれど
どうも自分の中で1本芯が通っていないような・・・
これって師走だから?

今日はサロンで一緒だった友人と
野村奈央さんという、整体の先生のワークショップに行ってきました
「母と子の手当ての心」というもので
半分は子連れのママたち

深い呼吸をして
治そうとか、癒そうとか考えずにただ手を当てる
天心で手を当てていく

これだけ聞くと、なんだ!?と思うけれど
手を当てることってすごく気持ちがいいし
身体もゆるんでいく
でもトリートメントをしているとどうしても
なんとかしてやろう、みたいな気持ちになる
そうじゃないってことを先日別のところでも聞いたばかり
これもまた難しい

お母さんが心地いいということが一番大事
メトロノームが一定のリズムで刻むように
ゆったりと安定して満ち足りていること。
お母さんの不安や、心配や緊張を子供は敏感に察するんですよね

私は呼吸が浅くなりがちだから、気をつけようと思っているんだけれど
難しいときもある
アタマもオナカもつながっている・・・だからこそ。
自分のペースだけでいられればいいけれど
やっぱり人と接する機会が多ければ多いほど
いろいろな人がいて、いろいろなペースがある
求められることもあるし、やりたいけどかなわないことも、
気が乗らなくてもやらなきゃならない状況もある

さて、そんなときは深く呼吸をして。
私が心地いいと思うことを、できるだけしたいと思います


香りをつくる [アロマ]

風邪が治ってまたあっちこっちへ。
そしてまたブログの更新ならず・・・

ちょっと前になりますが、ある講座で「グレープフルーツ」と「ローズ」の香りを作りました。
アロマテラピーで使う精油は、植物からそのままとった天然のもの。
例えば、オレンジの皮をむくとパア~っといい香りが広がる。
オレンジの精油は果皮からとるので、まさにそれ、なわけです。
今回作ったのは、全くの合成。
アロマテラピーを勉強すると名前が出てくる「リモネン」とか「ゲラニオール」といった言葉。
それらを配合していくと合成の「ローズ」や「グレープフルーツ」ができるのです。

グレープフルーツの特徴的な香りである「ヌートカトン」や、
こんなにおい(匂いというより“臭い”・・・)がローズにいるなかなあ・・・?なんて思うものも。
でも不思議とそういう香りがなければ、深みとかそういったものがでないそう。
滴数が決まっていたにもかかわらず、みんな微妙に違う香り。
作った直後はなかなか上手くできたように思ったけれど
今嗅いでみるとローズは微妙
グレープフルーツはかなりよくできたかな
合成のものがたくさんでていたり、わざと混ぜられたりしてるというけれど
これはわからないかも・・・

それにしても、これを自然にやってのけるほんと植物ってすばらしい!

合成なのでお肌に使ったりはできませんが
いつもと全く違う視点で香りを作る体験。
おもしろかったです。


風邪ひき [アロマ]

先月中旬に風邪をひいたと思ったら
数日前からまた風邪っぴき

風邪をひくことは悪いことではない、のだという
大病をがある人は風邪もひけないとか
でも、このだらだらとした風邪はやっぱりよくなあいなあ~
熱が出てさっとひく風邪はいいけれど
微熱でだらだら、のども痛いし咳は出る
延々に続くようなものはまいってしまう
肩もコチコチになった

ユーカリやティートリー、ラバンジンにサンダルウッド
ローズマリーにマジョラム、ラベンダー・・・
部屋中に焚いたり、(今となってはもう遅い!?)
のどや胸、背中、こりかたまった肩までぬりぬり

先日の講座で宮川先生からちょぴっといただいた
セントジョーンズワートのオイルを塗った時、
肩のコチコチがふっとゆるんであたたかくなった
不思議!
家に帰って、さっそくブレンドして塗ってみる
いい感じ
早く風邪治れ~


アロマトリートメント、します [アロマ]

毎度毎度のことだけれど
あっという間に月が変わってる

先月でしばらく勤めていたサロンを辞めました
病院アロマ講座はぽちりとあるものの
う~ん・・・さて、どうしよう?

今までためにためてきた資料の整理やら
やらなくちゃ~とずっとアタマのすみっこにある課題
そんなものをひとつずつ片付けよう
なんて思いつつ
ずっと会えなかったともだちに会ったり
見たかった映画
興味のあったライブや
おいしいものを食べたりとか・・・
ほっといたらこのまま 
ますます遊びほうけてしまいそう

そんなわけで、年内いっぱい自宅にて
アロマトリートメントをいたします(女性のみです)

サロンというにはおこがましい、全くのプライベートな空間なので
現実から離れて特別気分を味わいたい方
きれいで洗練された空間をお求めの方は
どうぞご遠慮ください

気負わず、のんびり、ゆるゆるしたい方
どうぞいらしてくださいな

所要時間 約100分ほど 5400円
  フットバス、コンサルティング、60分の全身トリートメント、ハーブティ
  
所要時間 約130分ほど 8000円
  フットバス、コンサルティング、90分の全身トリートメント、ハーブティ
  

まずはメールにてお問い合わせください
場所は市川市です  haramaki_aroma@yahoo.co.jp


まんなか [アロマ]

昨日は卒業したスクールトリートメント講座を受けてきました。
今までのトリートメントの復習と、さらに新しい手技も・・・ということで楽しみにしていた講座。

そして思ったことは、やっぱりここが原点だなあ~ということ。
自分の「まんなか」は、ここで初めてトリートメントを習ったこれだ~と改めて再認識。
決して手技の数が多いわけでもないし、
ものすごくめずらしい手技というわけでもないかもしれないけど
「触れるということ」を大事に大事にして、セラピストクライアントも無理がないということ。
それって、サロンでお客様に接しているとついつい見失ってしまうことでもある。
例えば限られた時間だったり、もっと強く!というリクエストだったり・・・
自分と相手の呼吸を感じること、最近ちょっと忘れてたんじゃない?
なんて気づかせてもらいました。

さて、明日はまた違った気持ちで施術できるかな~
トリートメントが楽しみです


ハンドトリートメントをします [アロマ]

久々にアロマのお知らせ。

9月15日~17日に本八幡で回遊展というイベントがあります。
その中で16,17日と、カフェサイファーにてハンドトリートメント
することになりました♪
当日は手作りパンやケーキ石けんアクセサリー・・・と
見て、食べて、感じて・・・五感を刺激すること間違いなし!
お近くの方はぜひお越しくださいませ。
時間は11時~18時です。

http://cafe-cypher.com/

ハンドトリートメントは500円です♪
今までにアロマトリートメントを受けたことのない方、
ぜひこの機会にどうぞ~


高齢者への心理療法 [アロマ]

今日は午前中に心理療法の講座を聞き、
午後はハンドトリートメントの講習。

高齢者、というのはいつか自分もなるわけで
誰もが通る道
そしてそこに認知症というものが加わると
急にイメージが暗いものになっていく感じがします
特に自分がそうなっていく過程を認識できる段階っていうのは
ほんとうにどうしようもない思いなんだろうなあ・・・
今日、先生が紹介してくださった本

「認知症と診断されたあなたへ」

認知症と診断されたあなたへ

認知症と診断されたあなたへ

先生がこの本の中の、高齢者の思いを書いた文を抜粋して読み始めると
胸にぐっときて、知らず知らずに涙が
それは他の方も一緒で、ティッシュがぐるっと輪をまわりました。
私もまだ読んでいませんが、興味のある方はぜひ。

変わっていく姿を見る家族も辛いけど、本人はもっと辛いし怖い。
そんな不安がときに乱暴な口調や苛立ちになることもある。
変わっていく自分にストップがかけられない。
早く死んでしまいたいと願う・・・
そしていづれ、そう思ったことさえも忘れてしまう。
元気だった頃の姿を知っている家族は
また辛いのだとも思う

誰もが他人事ではないのだ
そしてそれは、どうにもできないことでもある。
だからこそ
高齢者の方にどう接していけばいいのか。
子供のようになってしまうけれど
決して子供ではなく
私たちよりもはるかに多くの時を生きてきた大先輩だからこそ、
の接し方がある。
そして、逆に今まで距離があった関係が
理性も何もなくなった素の状態になって
それを家族がまるごと受け止めて、
より近しいものになることもあるのだと思う。

過去を振り返り、思い出すことで
そのときの楽しさや、うれしさを思い出す。
そしてそれをしっかりと聴くということ。
優しく触れるということ。

聞く、ではなくて聴くことって、どれだけできているだろう?


蚊にさされました [アロマ]

昨日の夜、足の裏がかゆくて目が覚めた
無意識にボリボリ・・・
でも眠くて目は開かない
ボリボリ・・・ボリボリ・・・あ~かゆ~い!!
蚊にくわれた!
とっさに「ティートリーが一番効くよ~」という
サロンのスタッフの言葉を思い出す、が、
この部屋にはないこともすぐに思い出す
取りに行くほど頭は動いておらず
ごろごろとしながらボリボリとかく
あっ!
ラベンダーがある!
寝室にはティートリーはなくてもラベンダーはあるのだ
そしてラベンダーは万能なのだ
真っ暗な中で寝っころがりながら塗布
香りのおかげでまたうとうと・・・・

そんな中、隣に寝ていてやっぱりさされた彼は
きちんと起きてリビングの電気をつけ、ムヒをぬっていた

その蚊はまだこの家のどこかにいるようだ
さっきからふくらはぎがかゆいのです
今年は全然必要なかった虫除けスプレー作ろうかなあ・・・





植物エキス [アロマ]

先日ある会に参加した。
植物エキスを作っている方たちの集まり。
植物エキスというのは、例えばアルコールに
ハーブを2週間~ぐらいつけて作ったチンキなどのこと。
植物のエキスがアルコールで抽出される。

普段の化粧水手作りなんだけれど、
ネロリやローズのフローラルウォーターに
グリセリンなんかを入れて作る、シンプルかつ簡単なもの。
友人の作った化粧水やクリームなんかも
とっても良いので興味はあったものの、
めんどくさがりな性格ゆえに、深く突っ込んだことはなかったのだ。

今回は、企画した方と全く別の勉強会で知り合い、
お誘いしてもらった。
こんなことでもなければ、自分からオフ会なるものに
行くことはないのでどきどきしながら参加。

いやあ~・・・
すごいです。
私以外のほとんどの方が、
お手製のチンキなどを持ってきてくださった。
ローズマリー、ゼラニウム、桃の葉、マロウ、
チェストツリーとセントジョーンズワート・・・
ぱっと今思いつくままに書いた倍のチンキと、珍しい精油。
うわうるしの軟膏なんかも!
ただただ感心するばかりの私・・・

それから蒸留器を持ってきてくださった方がいて、ゼラニウムを蒸留!
これもまた良い香り~
目の前で蒸留が見れるなんて
そして、精油をとるのって、
ほんとたくさんのハーブが必要なんだなあと実感。

   

   
精油がうっすら浮いてます

 

蒸留したものやいろいろなチンキを使って、みんなで手作り。

そして最後はみなさんからおみやげをたくさんいただいた


ときどき実家から届くハーブや、
飲みきれなくて残ってるハーブティなどでぜひ作ってみようと思う

 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。